お知らせ詳細

第二回 サロン・ド・外語 開催のお知らせ

サロン・ド・外語は1~2カ月に1回、東京外語会事業委員会が主催する、東京外語大学の卒業生や在校生(院生、留学生も含む)、そして教職員の交流の場(サロン)です。
誰もが気軽に参加出来、相互の絆を深め、さらに親睦を図ることを目的にしています。

日時 2014年11月19日(水) 18:30~21:00
場所 赤坂・永楽倶楽部 http://www.eiraku-c.com/
(同倶楽部のドレスコード:男性はジャケット着用)
赤坂駅(2番出口)から徒歩3分、赤坂見附駅(山王口出口)から徒歩5分、溜池山王駅(7番出口)から徒歩5分
会費 5,000円
講師 村中大祐氏(指揮者、1990年ドイツ語科卒、外語会評議員、略歴下記)
テーマ 「自然と音楽」鎮守の森について(最近の英国・日本での音楽活動を通して)(仮題)
備考 あらゆるリーダーの中で、指揮者の存在はとてもユニークです。言葉に出来ないものを言葉で表現し、大勢の個性をひとつのハーモニーにまとめるリーダーシップ。それを日欧の両方のオーケストラで行っている村中氏にお話しいただきます。
9月、10月にも都内で同氏の講演を聴く機会がありましたが、音楽のことだけでなく、言語能力やグローバル人材などの意味を改めて考え直す良い機会となりました。面白過ぎる話題が次々と出てきて、是非とも外語会の多くの皆さんとも共有したく、特にお願いしました。
講師略歴 村中大祐(むらなか・だいすけ)
指揮者。オーケストラ・アフィア(AfiA)CEO &Artistic Director。
音楽家になるべく外大でドイツ語を学び、ウィーン国立音大指揮科在学中、数々の国際指揮者コンクールで優勝。
世界最高峰の指揮者W・フルトヴェングラー直系の弟子、名匠P・マークや、今年他界したC・アッバードの薫陶も受け、これ迄にミラノ、ブリュッセル、ロンドン、プラハなどの有名ホールで指揮したほか、英国グラインドボーン音楽祭、ヴェニス・フェニーチェ歌劇場、シチリア島テアトロ・マッシモ、東京の新国立劇場などに登場、オペラ指揮者としても高い評価を得ている。2001年に出光音楽賞を受賞。
昨年2013年にはオーケストラ・アフィアを創設。「自然と音楽」演奏会シリーズを東京、横浜、鎌倉で開始。同演奏会シリーズは、イギリス室内管弦楽団においても2013年からスタートしてロンドンでも絶賛を博し、2015年度はチャールズ皇太子主催演奏会にも客演が決定している。
テレビ朝日「題名のない音楽会」を始めNHKBS、NHK教育テレビやラジオなどに出演多数。
現在FMヨコハマ「The Breeze」に定期的に出演し、ミュージック・コンシェルジュ「音のソムリエ」としても活躍中。

※お申込みは東京外語会事務局まで
 電話:(03)3815-5877、Fax:(03)5842-8377 
 e-mail:jimukyoku@gaigokai.or.jp
 Fax あるいはメールでお申し込みの方は以下を明記の上、事務局までご連絡をお願いいたします。
 ①在校生の方    お名前、ご所属(学部・大学院・その他) 、専攻語、学年
 ②卒業生の方    お名前、卒業年、専攻語
 ③大学教職員の方  お名前、ご所属、役職

幹事: 小倉正広(D1982卒)

2014.11.04掲載 ( 一覧へ戻る )

ページの先頭に戻るTOPへ戻る