お知らせ詳細

TUFS Cinemaプロジェクト 10月の上映会(無料)のご案内

10月に東京外国語大学TUFS Cinemaにおいて、ぜひご注目いただきたい2つの映画特集を開催します。
ほかではなかなか見る機会の少ない映画上映、専門家や学生サークルによる対談・座談会をご用意しましたので、ご案内申し上げます。

<TUFS Cinemaプロジェクト 10月の上映会(無料)のご案内>
1)アフリカの現代社会文化理解を深める:アフリカ映画特集
2)シリア難民問題について共に考える:シリア難民映画上映会

東京外国語大学(東京都府中市、学長:立石 博高)におきまして、10月13日(金)・27日(金)にアフリカ映画特集を、10月20日(金)にシリア難民映画上映会を開催しますので、ご案内します。

◆TUFS Cinema:アフリカ映画特集「ふたつのアフリカン・ドリーム」
上映作品:『アフリカ・ユナイテッド』(10/13)、『アフリカ・パラダイス』(10/27)
各回とも上映後に専門家によるフリートーク付。第1回は、本作を手がけたエリック・カベラ監督も登壇。2000年代に注目されたアフリカ映画2作品の本編上映、作品解説を兼ねたフリートークを行い、アフリカの現代社会文化についての理解を深めます。第1回目のフリートークでは本作の制作を手がけたルワンダ人映画監督エリック・カベラ氏も登壇します。
▽第1回 10月13日(金)17:40開場 17:50開映
①『アフリカ・ユナイテッド』本編上映(90分/2008年/英国・南ア・ルワンダ)
②フリートーク:エリック・カベラ(映画監督)、吉田未穂(シネマアフリカ代表)
▽第2回 10月27日(金)17:40開場 17:50開映
①『アフリカ・パラダイス』本編上映(85分/2006年/ベナン・フランス)
②フリートーク:小田マサノリ(現代美術家、本学非常勤講師)、真島一郎(本学教授)
各回とも会場 東京外国語大学 研究講義棟2階227教室、
入場無料、先着216名、予約/申込不要

◆TUFS Cinema:シリア難民映画上映会(国連UNHCR難民映画祭 学校パートナーズ*)
上映作品:『シリアに生まれて』
上映後に本学公認学生サークル・シリア研究会や専門家による公開座談会つき国連UNHCR難民映画祭の大学パートナーズとして、『シリアに生まれて』を上映します。上映後には、シリアやアラブ諸国の支援や政治社会を専門とする3名の専門家(下記参照)と本学公認学生サークル・シリア研究会の学生による和平と復興を考える公開座談会も予定しています。
*「学校パートナーズ」とは、学校での映画の上映を通じて世界中で紛争や、迫害によって家を追われた人々の問題について理解を深めることを目的とした国連UNHCR難民映画祭の取り組み
日時:2017年10月20日(金)16:00開場 16:30開映
会場:東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール
プログラム:
①『シリアに生まれて』本編上映(84分/2016年/シリア他/デンマーク、スペイン製作/ドキュメンタリー)
②公開座談会「シリアの和平と復興を考える」
  - 特定非営利活動法人日本イラク医療支援ネットワークJIM-NET事務局長・佐藤真紀氏
  - シリア支援団体サダーカ事務局顧問 兼 明治学院大学准教授・平山恵氏
  - 東京外国語大学・青山弘之教授
  - 東京外国語大学学生公認サークル・シリア研究会メンバー
その他:入場無料、先着500名、予約/申込不要

プレスリリースをご欄下さい

<本件に関するお問い合わせ>東京外国語大学 総務企画課 広報係
TEL:042-330-5151 FAX:042-330-5140 E-mail:soumu-koho@tufs.ac.jp
TUFS Cinemaウェブサイト:https://tufscinema.jp/

2017.09.27掲載 ( 一覧へ戻る )

ページの先頭に戻るTOPへ戻る