お知らせ詳細

TUFS Cinemaプロジェクト 12月~1月の上映会(無料)のご案内

1) ASEAN設立50周年記念:東南アジア映画特集
2) エチオピア、激動の30年:エチオピア映画上映会

東京外国語大学にて、12月9日(土)・16日(土)・23日(土)・1月6日(土)に東南アジア映画特集を、12月10日(日)にエチオピア映画上映会を開催しますので、ご案内します。

◆TUFS Cinema:東南アジア映画特集
今年、ASEAN(東南アジア諸国連合)設立50周年を迎え、ますます注目を集めている東南アジア。日本ではまだまだ馴染みの薄い東南アジア映画ですが、東南アジアの国々でも、映画は人々に愛され、親しまれている娯楽の1つです。この地域ではどのような映画が観られ、どのような映画が作られているのか。それぞれの国の映画事情や社会事情をご紹介します。上映後には、専門家による解説も行います。

第1回 ミャンマー映画 12月9日(土)14:30開映(14:00開場)
 ☆『小さな村の新任教師 Tomorrow』本編上映(140分/2011年/ミャンマー)
 ☆上映後解説 三井優(脚本家・ミャンマー映画祭実行委員会代表)
第2回 カンボジア映画 12月16日(土)14:30開映(14:00開場)
 ☆『ダイアモンド・アイランド』本編上映
  (99分/2016年/カンボジア、フランス、ドイツ、タイ、カタール)
 ☆上映後解説 本間順子(カンボジア語通訳・映画ライター)
第3回 シンガポール映画 12月23日(土・祝日)14:30開映(14:00開場)
 ☆『見習い』本編上映
  (96分/2016年/シンガポール、ドイツ、フランス、香港、カタール)
 ☆上映後解説 盛田茂(立教大学アジア地域研究所特任研究員)
第4回 マレーシア映画 1月6日(土)14:30開映(14:00開場)
 ☆『JAGAT(世界の残酷)』本編上映(79分/2015年/マレーシア)
 ☆上映後解説 戸加里康子(東京外国語大学非常勤講師)

各回とも会場 東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール、入場無料、
先着501名、予約/申込不要

◆TUFS Cinema:エチオピア映画上映会(アフリカンウィークス企画)
 東京外国語大学では、12月4日(月)から22日(金)までの2週間、学生の企画による「アフリカンウィークス」を開催します。「アフリカの、ふつうのひとの、ふつうの暮らし」に焦点をあてたさまざまな企画が行われます。その一環として、本上映会を実施し、権力の支配と格差に苦しむエチオピアの激動の30年を描いた作品を取り上げます。上映後には、エチオピア現代史を専門とする学者による講演も行います。

エチオピア映画 2017年12月10日(日)14:00開映(13:30開場)
 ☆『テザ 慟哭の大地/TEZA』本編上映
  (140分/2008年/エチオピア=ドイツ=フランス)
 ☆講演会・映画解説 眞城百華氏(上智大学 エチオピア史研究)

会場 東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール、入場無料、
先着501名、予約/申込不要

プレスリリース

<取材申込・お問い合わせ>
東京外国語大学
総務企画課広報係(担当:高坂・志村)
TEL:042-330-5151
FAX:042-330-5140
E-mail:soumu-koho@tufs.ac.jp

2017.11.20掲載 ( 一覧へ戻る )

ページの先頭に戻るTOPへ戻る