お知らせ詳細

東京外国語大学文書館講演会:新美南吉と東京外国語学校の思い出

◆開催日: 2018年1月19日(金) 16:00~18:00
◆場所:  アゴラグローバル3階プロジェクトスペース
◆趣旨
 童話「ごんぎつね」、「手袋を買いに」等の作者として知られる新美南吉 (1913-1943年)は、本学の前身、東京外国語学校出身者です。1932年から1936年の4年間東京外国語学校英語部文科に在籍した彼は在学中も文筆活動を続け、「手袋を買いに」の第一稿は在学中に書き上げられました。
 本講演会では、新美南吉の故郷、愛知県半田市の新美南吉記念館より山本英夫館長をお招きし、「南吉作品の核となるもの― 南吉と東京外国語学校 ―」と題した講演をいただきます。また大学文書館展示場(附属図書館1階)においては、関連資料の一部を紹介する企画展を開催します。ぜひ両会場に足をお運びください。

◆プログラム(予定)
16:00~16:15 開会挨拶
16:15~17:35 講演 
山本英夫氏(新美南吉記念館館長)「南吉作品の核となるもの ―南吉と東京外国語学校―」
17:35~17:45 コメント 
コメンテーター:田島充士氏(東京外国語大学・准教授)
17:45~18:00 質疑応答

◆備考     事前申込不要、参加費無料
◆お問い合わせ 東京外国語大学文書館 042-330-5842、tufsarchives@tufs.ac.jp
ポスターはこちら

2017.12.21掲載 ( 一覧へ戻る )

ページの先頭に戻るTOPへ戻る