お知らせ詳細

クラウドファンディング協力のお願い 東京外国語大学学生の力で山形のインバウンド観光を盛り上げたい


東京外国語大学の授業「インバウンド・地域活性化のためのスタディツアー」でこの夏実施される山形スタディツアーにつき、クラウドファンディングによる実施費用の募金協力要請が来ております。
以下は授業を開講されています国際社会学部の吉田ゆり子学部長及び言語文化学部の八木久美子学部長の連名でのご寄稿です。ご協力をお願いいたします。

東京外国語大学では、国際的な視点と教養を基礎として世界で活躍する人材こそ、表面にみえる日本だけではなく、日本社会の構造的な問題を理解し、問題解決の道筋を考える姿勢を身につける必要があると考えています。
そして、現在日本では、地方の高齢化が進んでいます。そうした現実をみながら、どのように地方の暮らしと産業を生み出し、地域を活性化することができるのかを考えていかねばなりません。
日本のことを学ぶために留学してきた留学生と、日本人合わせて31人が、7月17日から24日の7泊8日、山形県白鷹町、寒河江市、高畠町に滞在させていただきます。地域の産業や生活のお手伝いをしながら、地域の魅力を多言語のSNSコンテンツにまとめ、配信する取組を行います。
ですが、留学生は日本での生活費を工面するのに苦労しており、また、学費のために一生懸命にアルバイトをしている日本人学生もいます。これらの学生たちの交通費と滞在費の一部を補助するために、クラウドファンディングにて募金協力をお願いすることにいたしました。
目標金額は100万円で、6月28日(木)23時までの募集です。
※もし、目標金額100%に達しなければ、全額返金となってしまう仕組みです。
こちらのプロジェクトは寄附としての受付となり、東京外国語大学へのご寄附に対しましては、確定申告を行うことにより税制上の優遇措置が受けられます。

具体的支援手続きは、インターネット経由となります。既に募集を始めておりますので、インターネットの「Readyfor(レディーフォー): クラウドファンディング」を開いていただき、「東京外国語大学の学生の力で山形のインバウンド観光を盛り上げたい」という項でのご協力をお願いいたします。

東京外国語大学
国際社会学部長 吉田ゆり子
言語文化学部長 八木久美子

東京外国語大学ホームページ
 山形スタディツアーのためのクラウドファンディング支援のお願い

2018.06.01掲載 ( 一覧へ戻る )

ページの先頭に戻るTOPへ戻る