お知らせ詳細

2019年東京外語会定時総会、卒業50周年及び25周年慶祝行事


【総会】
去る2019年6月22日(土)14:00より、2019年東京外語会定時総会が、東京外国語大学アゴラ・グローバル内プロメテウスホールで開催されました。総会出席者は、開会時点68名(委任状による出席者数は2,031名)で、議事はつつがなく承認されました。

<議事 第1号議案 2018年度事業報告承認の件>
<議事 第2号議案 2018年度決算報告承認の件及び監査報告承認の件>
<議事 第3号議案 剰余金処分案承認の件>
<議事 第4号議案 2019年度事業計画及び収支予算承認の件>
<議事 第5号議案 任期満了に伴う理事・監事改選の件>
<議事 第6号議案 任期満了に伴う評議員改選の件>

《理事長挨拶、定時総会議案書より》
平素は東京外語会へのご支援・ご協力を賜り、感謝申し上げます。東京外国語大学は本年4月に学長が交代し、6年の任期を終了された立石博高前学長の後任として、林佳世子前副学業が新学長に就任されました。新学長のご方針としては特に2点の取組みを強調されています。1点目は東京外大の魅力を今以上に高め、より一層誇りの持てる大学にしたいとして、本学の特色は多言語多文化社会を支え、その共生に寄与する事にあるとしています。2点目は教育環境の改善で、教職員にとって働きやすい環境にして行く事が重要と述べられています。東京外語会としても、大学の内外の状況が大きく変わりつつある現在、引き続き大学を多面的に支援・協力して行く事が重要課題であり、更なる大学並びに在学生支援、更には同窓生に対するサービス向上に努めて行きたいと存じます。
引き続き皆様からのご支援・ご協力を宜しくお願い申し上げます。

《決算及び予算》外語会報10月1日号にてご報告します。
《今年度の役員》こちらをご覧ください。理事が再任6名、新任6名、評議員は、再任1名、新任3名です。

【慶祝行事】
総会に引き続き、同会場で卒業50周年及び25周年の慶祝行事を執り行いました。今年の参加者は、50周年組で99名、25周年組で98名の参加がありました。両方を合わせた合計人数では、過去最多の参加者数でした。
冒頭、林東京外国語大学学長のご挨拶、現在の大学が置かれた環境等をご説明いただいた後、50周年組代表城所卓雄様(M1969)、25周年組代表森朴憲治様(K1994)からご挨拶を頂戴いたしました。
今回の学生パフォーマンスは、東京外国語大学アルゼンチンタンゴ同好会と、早稲田大学を中心に活動しているオルケスタ・デ・タンゴ・ワセダによる、音楽と息の合ったダンスを披露頂きました。同好会及び、オルケスタ・デ・タンゴ・ワセダのみなさん、熱演ありがとうございました。
引き続いての慶祝組の記念写真は、あいにくの雨のためプロメテウスホールの階段で撮影しました。今回は参加者が多かったため、50年組及び、25年組はそれぞれ2組に分かれて撮影しました。

その後、会場を大学会館の1階食堂に替えて、大変盛大な懇親会を執り行いました。会場もほぼ満員に近く、慶祝組・総会出席者を合わせて310名の大パーティとなりました。懐かしい同級生と久しぶりに顔を合わせ、昔話やそれぞれの近況報告に花が咲きました。親睦会にはダンスと演奏を披露してくれたアルゼンチンタンゴ同好会とオルケスタ・デ・タンゴ・ワセダの皆さんや、外語祭実行委員も参加し、現役学生もOBと一緒に楽しんで頂きました。散会のころには激しかった雨も上がり、その後2次会に繰り出されて楽しく過ごされた方も多かったようです。

当日参加された皆様、お疲れ様でした。今後も皆様のご健勝をお祈りいたします。また、これを機会に旧友との仲を深めると共に外語会の諸行事へも、是非ご参加ください。

当日の様子はフォトギャラリーでお楽しみいただけます。撮影は東京外大の写真部の皆さんによるものです。写真部の皆さん、ありがとうございました。

2019.07.12掲載 ( 一覧へ戻る )

ページの先頭に戻るTOPへ戻る