お知らせ詳細

東京外大大学院国際日本学研究院連続講演会「国際日本研究へのまなざし―ことば・文化・教育―」

日本語教育の中心には、ことばを学ぶ「ひと」がいます。「ひと」を取り巻く社会や 文化、「ひと」が使うことばを意識したうえで⾒えてくる「国際日本研究」とは、 そして、これからの日本語教育とはどのようなものでしょうか。 各ご講演では、東京外国語大学関係者を指定討論者に迎え、議論を深めます。 その場で生まれるシナジーにもご期待下さい。

日時 2017年9月29日(金)、10月19日(木)、11月9日(木)、
12月8日(金)、2018年1月18日(木)
各回とも17:45 - 19:15(17:40開場)
場所 研究講義棟101教室
アクセス / キャンパスマップ
第1回 「言語・社会・文化の統括的教育実践の理論化」という意想について
講演者:砂川 裕一氏 (国際交流基金日本語国際センター所長)
指定討論者:荒川 洋平(東京外国語大学教授)
本イベントのポスターはこちら
第2回 なぜいま、日本語を 世界に急いで広める必要があるのか
講演者:鈴木 孝夫氏 (慶應義塾大学)
第3回 外国ルーツを持つ子どもと日本社会 ―多様性が豊かさとなる未来へ―
講演者:田中 宝紀氏 (青少年自立援助センター)
第4回 学習者コーパスに見る日本語の世界
講演者:石黒 圭氏 (国⽴国語研究所)
第5回 "Omotenashi"の先へ -観光で国をひらくということ-
講演者:デービッドアトキンソン氏 (株式会社 小西美術工藝社)
対象 学生、一般
入場 無料/先着順/申込み不要
主催 東京外国語大学大学院国際日本学研究院
042-330-5829  
caas_admin@tufs.ac.jp
共催 留学生日本語教育センター

連続講演会ポスターはこちら

2017.09.11掲載 ( 一覧へ戻る )

ページの先頭に戻るTOPへ戻る